チェーン店で晩ごはん。

主にチェーン店で食べた晩ごはんを記録する

とろーり卵のデミグラスハンバーグオムライス。RAKERU

 

とろーり卵のデミグラスハンバーグオムライス スープ付き  ¥1280

 

関東を中心に出店している、オムライス専門のチェーン店。

 

私が訪れたのは津田沼パルコのレストラン街にあるお店。

 

女性向けのお店って感じだし、なかなか訪れる勇気がなかったのだが、思い切って入ってみることに。

 

店内はテーブル席のみでけっこう広い。確かに女性客が多いが、男性のひとり客もちらほらいますね。

 

人気ナンバーワンと書かれたセットメニューにしてみた。

 

まずはコーンスープが提供される。久しぶりに飲んだのもあるのか、おいしい。クルトンも濃厚な味。

 

続いて熱い鉄板の皿にのった、オムライスとハンバーグの盛り合わせが登場。

 

オムライスの中は茶色のピラフで、卵はトロトロ、ピラフはパラパラの食感でおいしい。デミグラスソースも適度な酸味があって◎。

 

ハンバーグは肉が凝縮されてる感じで、食べごたえも十分。

 

全体のボリュームとしては物足りなさもあるが、ゆっくり食べたせいもあってかわりとお腹いっぱいになった。

 

次に来たときは、名物だというパンがついたメニューを頼んでみたい。

彩り野菜煮込みごろごろチキンカレー。松屋

 

彩り野菜煮込みごろごろチキンカレー 生野菜セット  ¥950

 

今週から販売開始の新メニュー。

 

《「彩り野菜の煮込みカレー」は、赤ピーマン、黄色と緑色のズッキーニが入った、トマトベースの南欧風の煮込みカレーで、1皿で1日に必要とされる野菜(※)摂取量の半分が摂れる逸品です。
ヘルシーなカレーソースと野菜の旨味がクセになる味わいで、定番の牛めしやハンバーグと一緒に味わえる「彩り野菜煮込みカレギュウ」「彩り野菜煮込みハンバーグカレー」も同時販売いたします。
また、大人気ごろチキシリーズとのコラボ、「彩り野菜煮込みごろごろチキンカレー」も登場いたします。
バラエティ豊かな「彩り野菜煮込みカレー」をぜひご賞味ください。》

 

とのこと。

 

ごろチキにして、生野菜とのセットにしてみた。

 

提供されると、にんにくの香りが強く漂ってくる。にんにくを使うのは松屋の得意パターン。

 

野菜は原型をとどめないくらいトロトロに煮込まれており、辛さはあまりないがにんにくの風味もあっておいしい。

 

チキンは最初はカレーの味が染みていないが、食べすすめるに連れていい感じに。

 

もう少しカレーの量があるとよかった気もするが、チキンがたっぷりなので食べごたえは十分。

 

ごはんは大盛り無料なので大盛りに。生野菜もあるし、お腹いっぱい。

味玉入り焼あご中華そば。らぁ麺ばらや

 

東陽町駅前にあるお店。

 

食券制でカウンター席のみ。わりとこじんまりとした作り。

 

鶏白湯とかいろいろメニューはあるが、先頭に書かれたメニューにしてみた。それの味玉入りで。

 

焼あご出汁が効いていて、魚介の香りがあとをひくおいしさになっている。濃厚だが、過剰ではなくちょうどいい感じ。脂も少なめだし。

 

麺は平打ちっぽい形で、量もまあまあある。

 

チャーシューはこれ以上ないっていうくらいトロトロの食感でおいしい。

 

刻んだ玉ねぎもいいアクセントになっている。

 

ボリューム的にはそんなにないので、和え玉も頼んでもよかったかも。次回来たときはそうしてみたい。

かき揚げ丼セット。めとろ庵

 

かき揚げ丼セット  ¥630

 

主に東京メトロの駅構内に出店している、駅そばのチェーン店。

 

オーソドックスな、丼とのセットメニューにしてみた。

 

かき揚げはしっとりしたタイプで、ごはんはけっこう少なめ。でもこれはこれでバランスがとれている。

 

乗り換えのときにサクッと食べられるのがいいね。

【ハムカツ付】豚トロと豚バラのしょうが焼定食。やよい軒

 

【ハムカツ付】豚トロと豚バラのしょうが焼定食  ¥990

 

先週から販売開始の新メニュー。

 

《ジューシーに炒めた豚トロは、厚みのあるカットによる程よい⻭ごたえと脂が⾷欲をそそり、満⾜感を得られます。
たれは、濃⼝醤油に刻み⽣姜・おろし⽣姜・粉末⽣姜を合わせて使⽤することで、⽣姜の風味をしっかりと感じられ、さらにりんご果汁とバナナピューレを加え、ごはんがすすむコクと⽢みのあるタレに仕上げました。
豚トロと豚バラ⾁の異なる⾷感の絶妙な相性をぜひお楽しみください。》

 

とのこと。

 

ハムカツ付きのにしてみた。

 

豚トロと豚バラの2種があることを意識せずに食べてしまったが、肉はやわらかくプニプニとした食感でおいしい。味つけも◎。

 

ハムカツも付けたので、おかずには困らない。ごはんがすすむ。

 

ごはんはもちろんおかわりして、出汁茶漬けにして食べた。お腹いっぱい。

ロースカツと豚焼肉の合い盛り丼。かつや

 

ロースカツと豚焼肉の合い盛り丼  ¥759

とん汁(大)  ¥198

計¥957

 

先週から販売開始の新メニュー。

 

かつやにしては普通の合盛りメニューだが、チキンカツじゃなくてロースカツを使ってるのが特徴かもしれない。合盛り系はチキンカツが多い印象があるので。

 

肉増しにもできるが、普通のにしてみた。

 

豚焼肉は多少のパサつきは感じるものの、おかずとしてのポテンシャルは十分。量もまあまあある。

 

ロースカツは安定したおいしさ。

 

とん汁も頼んだのでお腹いっぱい。

魯肉コンボ牛めし。松屋

 

魯肉コンボ牛めし生野菜セット  ¥780

 

先週から販売開始の新メニュー。

 

《シュクメルリやカチャトーラなど、世界の味を日本のごはんに合うようアレンジ開発に挑戦し続けている松屋から、台湾の代表的な料理「魯肉飯」を販売します。
今回は店舗で働く従業員からの提案を採用し、商品化を実現。
ダイス状にカットした豚バラ肉を甘辛の特製ダレでとろとろになるまで煮込んだ松屋の「魯肉飯」は、煮汁とごはんの相性は抜群。
自社製(沖縄除く)の味付け玉子でまろやかに、山椒でピリっと風味をプラスしながらお召し上がりいただけます。》

 

とのこと。

 

牛めしとのコンボメニューにしてみた。

 

魯肉はめっちゃやわらかな角煮って感じ?山椒をかけると、異国な雰囲気が少しは出るかも?

 

もう少し魯肉が多いとよかった気もするが、コンボにしなければよかったかな。

 

ごはんは大盛り無料なので大盛りに。お腹いっぱい。